シンプルなんだけど、奥が深いぞ


by mmokuren

朝起きられない子ども=起立性調整障害を疑って

朝、起きられない、立ちくらみがする、と言った症状があるのに受信しても異常がない。こんな子供は起立性調整障害(OD)を疑ってみて、と日本小児心身医学会が呼びかけている。不登校を伴う場合もあるが「怠けているのではなく病気。気の持ちようだけでは治らない」と理解することが治療の鍵という。

ODは、ドイツの医師が1950年代に報告した。食欲不振や頭痛などさまざまな症状が午前中に強く現れ、午後は回復、夜は元気になり眠れないことが多い。天候や季節により症状の程度が違うこともあり、約半数に不登校が伴うとされる。


脳血流が低下

原因は、自律神経の働きやバランスが悪くなり、起きたり立ったりしたときに脳などへの血流が低下、血圧が下がるため。遺伝的な体質やストレスが影響するという。

ただ、一般の診察や検査では異常は見つけにくい。2006年9月、医師向けにODの診療指針をまとめた同医学会作業グループ長の田中英高大阪医大准教授(小児科学)は「受信しても、気のせいとか精神的な問題と言われることもある。怠け癖や夜更かし、学校嫌いのせいだと思うかもしれませんが、体の病気です」と説明する。

患者は推定で中学生の約1割、女子にやや多い。小学校高学年から増え中学で急増することから、思春期の体の変化が関係すると見られている。

大阪に住む高校1年の少年(15)に症状が出始めたのは、小学4年のころ。起きられず週の約半分は遅刻、休みも増えた。家族にランドセルと一緒に放り出され、家のそばで寝たこともある。中学では母親と呼び出され、生活指導を受けた。

病院を転々とした後、中学1年の後半にODと分かり、現在も治療中。診断がつかなかった当時を「体がしんどかったが、サボリ癖みたいに見られるのは仕方ないかな、とも思っていた。周りに理解されず苦しかった」と振り返った。

ODと診断されるのは①立った際に一時的に下がる血圧の回復に25秒以上かかる。②立ったときの心拍数が1分間に115いじょうか立つ前よりも35以上増える。③起立中に突然血圧が下がり意識の低下、消失が起きる-などの場合。

さらに、心理面の関与を調べるため、問診で保護者や本人に「学校を休むと軽くなる」「気にかかっていることを言われると悪化する」ことなどがあるか尋ねる。

治療で優先するのは、本人や保護者がODをよく知ること。まず不安を軽くするためだ。日常生活ではゆっくり立ち、血圧低下を招く暑い場所を避ける。自律神経の働きを損なうので日中は体を横にせず、散歩など軽い運動も有効。血圧が下がるのを防ぐ薬物療法もある。


数ヶ月で改善も

軽症だと数ヶ月以内に改善する。生活に支障がある中等症の回復率は1年後で約50%、2~3年後では70%~80%。不登校がある重症例では1年後の復学率は約30%で、社会復帰には少なくとも2~3年かかると言う。

学校の理解、連帯も必要になるため、同医学会は学校への指針普及にも取り組んでいる。

田中准教授は「保護者は病気を受け入れ、子供を信じ見守ることが重要。ODと分からないまま困っている子供は多いと思う。早期の受診が早期治療につながる」と話す。ODの診療医療機関は、低血圧サポートグループのホームページ ( http://www.inphs.gr.jp/) を参考に、としている。  = 山梨日日新聞 8/6 特集より


朝青龍のこともそうですが、
本当に精神的、心身的・・・にみて病気なのか?と親であってもわかりません。
まして、周囲の目などもあればなおのこと。子供もつらいでしょうが、親(とくに母親)も同じくらいつらいものであると思います。

ただ、一人で悩んでいても解決することは、非常に難しいので、学校の先生以外でも、医師や教育委員会などの相談窓口、今ではインターネットという手段でメールでのやりとりで相談もできる世の中です。
まずは「初めの一歩」を踏み出すこと。私はこれをとにかく声を大にして言いたいです。
前に出なければ、何もことは起こりません。
良いことも悪いこともです。
それが悪かったとしても、「何がどうして悪かったのか」反省することができます。
でも、何もせずにジーッとしていては、現状のままで反省も何もありません。

もし、その不登校の中に、自律神経系の問題があったとするならば、
意を決して、医師(信頼のおける)に見てもらったほうが道が開けるのではないか?
と思った次第です。
[PR]
by mmokuren | 2007-08-08 17:04